消費者金融で審査で重視される年齢とは?

消費者金融の審査は他社の借り入れ件数や総量規制における収入制限、保険の種別、過去の事故情報、勤務先など様々な顧客情報を勘案して与信判断されています。
この中で年齢という項目では、可処分所得の大小を判断しています。
消費者金融が利用者の中心に置いているのは20代から30代の男女で、自由に使えるお金もあり、今後収入増も期待される年齢層です。
これに対して50代、60代になると住宅ローンや教育費で家計負担も重くなる年齢だけに可処分所得も限られることがあります。
可処分所得は自由に使えるお金であると同時に、融通の効くお金で返済能力の柔軟性にもつながっていきます。
その点も消費者金融は重視しているのです。
既婚者よりも独身者が通りやすい面があるのも、可処分所得の大小です。
過去の膨大な顧客データを引き出しに、属性モデルのパターンを審査に加えています。
そこには利用形態の傾向があり、契約者がどのモデルに当てはまるのかもチェックしているのです。
住宅ローン審査は消費者金融カードローンで落ちる?【基準甘い銀行は?】